2017年12月10日

年金の最終催告状がきました!!!

ついに、国民年金の最終催告状がやってきました。
これは、年金の滞納が続くとおくられてくるものとなります。

因みに、ちょっと滞納したぐらいでいきなりこの書類が来ることはありません。流れとしては、以下の流れになります。
1、何度か普通の請求書と振込用紙が届く

2、普通の封筒の催告状が3回ぐらい(?)届く。これ最初は払ってくださいとしか書いてないですが、段々と回を重ねるごとに、「配偶者の財産も差し押さえることになります」といったような脅しの文言が入った書類が同封されるようになります。

3、催告状の回数が増えてくると、赤い封筒に入った「特別催告状」というのが届きます。これは封筒が赤く目立つので、結構怖い感じです。色覚に訴えているんでしょうかね。

4、特別催告状の回数が増えてくると、何と民間のサラ金の取り立て業者から電話が掛かってきます!でもサラ金の取り立て業者と言っても、決して脅すような文言は使わず、丁寧な取り立ての電話が続きます。因みに、怒り狂った我々債務者が討ち入りに入らないように(?)、東京の滞納者に対しては大阪の業者を使います。

5、そして今回の最終催告状となりました。
封筒は通常の色に戻ったのですが、角形2号の大きい封筒にグレードアップしておりました。因みに、ここまでは全て普通郵便で送られてきてます。本人が受け取っていなかったらどうなるんでしょうね?

名称がややこしいですが、高校の公民のテストとかに出るかもしれないのでまとめると、催告状→特別催告状→最終催告状→IMG_0825.JPG督促状の順番です。今年の大学入試に出るかもしれませんので、覚えておいてください。

この後は、期日までに支払わないと年14%の利息が付いて、それでも払わないと「督促状」というのが届くらしいです。楽天市場に例えると、ブロンズ会員からプラチナ会員になったようなものでしょうかね。JALマイレージバンクなら一般会員からラウンジが無料で使えるJGC会員になったような感じかと思います。

そして段々と、中の手紙の文言がきつくなっていきます。しかし、年金制度というものがいかに優れたものであるかを書いた書類も同封されており、一体なにがしたいのかよくわかりません。

念のため書いておきますが、私は払いたくないから滞納しているわけではなく、資金繰りが苦しいから払っていないだけです。しかも全く支払っていないわけではなく、滞納期間としては半年を超える程度となります。払える時期に少しずつ支払ってはいます。滞納の月数は減ってきているのに容赦なくこういう書類を送りつけてくるのって、いかがなものなんでしょうね。

※特別催告状の封筒も確かどこかにあるので、ご要望があればアップ致しますw


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
posted by 酔っ払いおやじ at 18:42| Comment(2) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

給与所得控除の見直し、どうなりますかね?

年収1000万以上の高所得者に対する給与所得控除が見直されて、
上限ができたのは昨年からのことです。

これがさらに縮小になるようですww

断片的な情報をまとめると、まあ勿論まだ決まってないのでわかりませんが、
今回は、今まで無関係であった中所得層も全部増税になるようですw

そして、今までの標的であった高所得層(1千万以上)に関しては、
とんでもない増税になるそうですよ。

いやあ、ホントに恐ろしいことです。
きっと皆さん、再来年の住民税の通知を見て初めてことの重大さに気が付くんでしょう。

ちなみに、自営業者には元々給与所得控除は適用されないため無関係です。
もはや日本で自分の収入を守って生きていくためには、自営業者になるか
または青色申告ができる不動産投資とか事業を副業でやるしかないです。

これって、消費税が10%になるとかよりも遥かに支出が増える大変なことなんですけど、
マスコミはほとんど報じませんね。私も他人のブログで最近しりました。

朝日新聞あたり、こういうニュースを社会問題にすればいいのに、モリカケばかりやってるから
国会議員にしねとか言われちゃうんですよw


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
posted by 酔っ払いおやじ at 21:09| Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜市民病院の医師(特に院長?)が悪いと思う

Yahooにこんな記事が出ていました。
<岐阜市民病院>残業上限150時間に増 是正勧告受け改悪

要するに、医者の時間外労働が多いと労基署に是正を受けたから、引っかからないように残業時間の上限を改定しました、という内容です。

この協定を結ぶのって労使双方の同意が必要なはずです。つまり労働者である医者側がこのアホみたいな協定に同意してサインしたってことです。サインするのは労働者側の代表者ですから、この場合は院長?でしょうか。公務員なら労組はないでしょうから、医師たちを統括する副院長とか?

他の職業ならともかく、医師であれば他の職場を探すことは容易なはずです。また、時間外労働の現状を改善してもらうことと、協定を締結するのは全く別問題のはずです。

市の言いなりになってこういうことをしてしまうから悪いんです。この記事は暗に病院側が悪いということを言っていますが、使用者の側である医師が8割ぐらい悪いと思います。

副院長で、同部で診療もする○○医師は「非常にストレスが高く、夜中もいつ呼ばれるか分からない」と話す。
→いや、だから、やめりゃいいじゃんそんなブラックな職場は。


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村
posted by 酔っ払いおやじ at 09:02| Comment(4) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする