2015年11月03日

親の年収が高いと学力が高いのは教育格差だという大嘘!!

一部の方には不快な表現が含まれるため、「金持ちの子は教育にカネと時間をかけられるから、そうしてもらえない貧乏人とくらべて学力が高いのは当たり前であり不公平」と信じているひとはページを閉じてくださいw 
以下本文

今日は休日にも関わらず仕事なんですが、わりと暇ななのでネットで平成25年に行われた学力テストについて調べてみました(ホントに暇なんだな俺w)

何でかというと、先日の朝日新聞に教育格差の特集があり、「年収の差によって教育格差が起こってしまい、貧困の子は良い大学とかに行けないから、また貧困になる」という記事があり、ホントかよ?と気になっていたからです(まあいかにも左翼が喜びそうなネタではありますが)

そうすると、平成25年の全国学力テストの結果に行きつき、それを分析した御茶ノ水女子大学のレポートのページにたどり着きました(ttp://www.nier.go.jp/13chousakekkahoukoku/kannren_chousa/pdf/hogosha_summary.pdf)←許可とってないので直リンク貼りませんが、ソースを証明するためにのせました。

この記事の序盤にでてくるグラフに、親の年収と勉強時間別の国語Aの結果がグラフにされています。私はこれを見たとき、非常に衝撃を受け戦慄がはしりましたw

まあ、勉強時間が長いほど成績が優秀なのはわかりますが、私が衝撃を受けたのは
「年収の一番低い群で3時間以上勉強する群」 VS 「年収高いけど全然勉強しない群」
では、年収高いけど全然勉強しない群が勝ってしまってます。具体的な正答率の数値はありませんが、グラフの描写ミスで無い限り、目視でも低年収群が負けているのがわかります。

ということはつまり、
貧乏人の子供はどんなに勉強してもバカなまんまってことですよ。
この結果について、教育評論家たちはどう考えるんでしょうか。このグラフをみて、この事実に気づいた人って多分僕だけじゃないですよね。専門家もマスコミもこの事実から目を背けずにきちんと論評しろよって言いたくなりますよね。

「うちは家庭が貧乏だったので、進学をあきらめて就職しましたorz」とか言ってる人に
「いや〜、アンタはどうせ金かけてもバカだろうから進学できない確率が高いことがデーター的に証明されてますよ」って言ったらぶん殴られるでしょうがw、これが事実。

もっとはっきり言うと
年収の高い両親は、学力が高いんでしょうからその子供も遺伝によって元々の学力が高いってこじゃないでしょうか。逆に年収の低い両親は学力も低く、その子供もやはり遺伝によって学力が低いということです。つまりDNA的な問題?なので、所得の再配分でお金をかけてあげたところで、所詮貧乏人の子供はポテンシャルが無いんだから意味ないでしょってことです。

いや〜衝撃的ですよねこの結果。
だって教育格差なんて嘘くせ〜ってことが証明されちゃったわけですから。
皆さん、どう思われますでしょうか?


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村
posted by 酔っ払いおやじ at 11:52| Comment(4) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告費を差し引かれた分の家賃が入金。

10月分の家賃が振り込まれました。

10月は退去と入居がありましたが、入居分の収入は礼金1か月+日割り家賃ですので、そこから広告費と仲介手数料を引くとマイナスになります。それを他の部屋の家賃などから相殺した分の家賃が振り込まれました。

毎月特別な経費がかかるので、ちっとも儲からないですなあw

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
posted by 酔っ払いおやじ at 09:43| Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする