2016年10月17日

絶対に札幌の不動産投資をしてはいけない理由。


にほんブログ村

昨日、管理をお願いしている、いつもの不動産屋さんと飲みました。

ここで、地方の投資物件の話となり、札幌は絶対やめたほうがいいという話を聞いてきましたので、備忘録がわりに書いておきたいと思います。なるほどと思うものが多かったです。広告料が3か月だからだとかいう事ではありませんw

1、駅徒歩5分以内はダメ
冬の札幌は吹雪くので、駅から5分なんて歩いてられませんw せいぜい2〜3分でないと勝負にならないそうです。

2、前面6m道路はダメ
東京なら前方の道路が6メートルもあればお宝物件の可能性が高くなりますし、十分な広さですが、札幌ではダメです。だって雪が積もって両側2mずつが塞がるため、実質2mの道路と同じことなのです。車がすれ違えない狭い道路ということです。

3、1F駐車場(ピロティみたいなやつ)はダメ
東京で1F部分に高さ2mの駐車場があれば競争力がアップするんでしょうが、札幌はダメです。雪国なんで皆ランクルみたいなごつい車にのるから2mじゃ全然高さが足らないそうです。

4、そもそも札幌に住む人がいない。
今は飛行機の本数が多くなり、新千歳空港も羽田空港もアクセスが便利なため、札幌の出張は日帰りとなり、支店を作っている会社が少なくなってきたそうです。

5、50平米前後の家に住む人はいない
家族で住むなら最低80以上、一人で住むには広すぎる。東京では需要のある50uの部屋は札幌では見向きもされない。

他にもいくつかありましたが、芋焼酎のボトルを飲みすぎで忘れましたw

札幌は特殊な地域であり、東京の感覚で投資をすると必ず失敗すると思います。地元の人からみれば、こんなクソ物件誰もかわね〜よ!っていうものでも、我々からみたらお宝物件に見えてしまうのかもしれません。在京の不動産業者でも、こういったことを知らない人も多いでしょう。
幸い私は札幌には物件を持っていませんが、札幌のババ物件を引いてしまったら、売るのは今しかないと思います。


posted by 酔っ払いおやじ at 12:39| Comment(2) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする