2014年12月29日

大晦日までに全ポジション決済しようと思う

税金の事を考えていたら、色々と面倒になってきたので、年末で全ポジ決済しようかと思います。
もしかしたらこのままFX辞めるかもしれません。

だって、申告分離課税がめんどくせ〜んだもん。

投信や株は源泉徴収を選択しているので、自分では何もする必要がありません。FXもそうならないかなと待っていたんですが、気配すらないですね。まあ、そりゃそうですよね。国にとっては、FXなんてやってるよりも、自国株現物や投信を通して国債や株を買ってくれるほうが有り難い。

個人で持っている賃貸物件がまだあるので、2月には青色申告もやらなきゃならない。これは来年中に法人に物件を売りとばす予定で、そうすれば3年後からは青色申告から解放される。

まあ、やめるやめないは別として新年はノーポジで迎えようと思う。そうすれば税金も少しは軽くなるでしょうし。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村
posted by 酔っ払いおやじ at 16:35| Comment(4) | FX結果、撤退した手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い切った決断ですね。

ただ、FXの期待値は基本的に1
手数料を考えたら1以下ですから、やればやるほど損する確率が高い、いわば投機です。

いつまでも金をつぎ込むものではないですね(*^_^*)

FXの申告は税務署もまともな説明書を作っていませんし、先物取引と括られているので、イメージが悪い(*^_^*)

相方から「先物だけはやるな」と釘を刺されていますが(相方に言われずとも投資スタイルに合わないので、先物と信用取引はする気はないです)申告書に書いてあるので、昨年、申告書の控えを見つかりそうになって焦りました(*^_^*)

不動産投資の方が事業としての展開性もありますから、そちらに資金を回された方が賢明かもしれません(*^_^*)

私も勝ち逃げしたいですが、メインの売上を上げている部門なのでしばらく退場しなように注意しながらがんばります。(*^_^*)
Posted by しらいゆうき at 2014年12月29日 19:42
ちょうど豪ドルも少し持ち直している所ですので、この辺が潮時なのかなあと感じまして。

FXの税率が20%になったのは良いのですが、税務署にFX業者から損益が送付されるので、何だか気味悪いです。御指摘の如く給料よりも印象が悪そうですし。

FXでレバレッジをかけているのですが、不動産でもレバレッジをかけることとなったので、両方は危ないかなと思いました。外貨はこれからも投資を続けたいので、外貨預金や外国債などの利用を考えています。

不動産を法人化している理由は税金対策が一番ですが、税理士さんに税務を丸投げできるのも大きいです。
Posted by 酔っ払いおやじ at 2014年12月30日 10:00
僕も、1年しかしてませんが、自分には合っていないと感じています。笑
いわゆる元本だけは取り返したいと思ってますけどね…。資金管理、破たんしないだけの資金、できてるんですけど、含み損を見るとげんなりします。笑
Posted by ふぃじお at 2014年12月31日 09:30
私には合っていないわけではないんですが、正直疲れてしまいました。最終的にプラスになっても、経過中はずっと含み損を見せられると精神的に疲弊してしまいますw
レバレッジは不動産でかけているので、為替は現物にシフトしていこうかと思いまして・・・。

下落時に注文の取り消しをしなければ取り戻せますよ。ただ、資金と精神力が必要ですがw
Posted by 酔っ払いおやじ at 2014年12月31日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: