2016年07月23日

土地の境界を巡るトラブル発生!


にほんブログ村

久々に不動産ネタです。

私の一棟アパートの隣の土地が売りに出て、購入者が決まったようです。
それで、隣地との境界の確認の要求が土地家屋調査士から来ました。

現地で立ち会ったところ、自治体が保有している地図と、当方の確認書がずれていることが判明しましたw
自治体の地図の通りだと、土地の面積が0.1〜0.2平米ぐらい少なくなってしまいます。

おいおい、こちらは隣地の前所有者(多分、売り主の親で他界してる)との境界確認があるってのに、今更なんだよもう。

無題.png
「わがアパートの領地に1ミリでも侵入したら無慈悲な報復を加えてやる!」

と言い放って、立ち合いは決裂となりましたw
というか、こういう場合は一体どうなるんでしょうか?

posted by 酔っ払いおやじ at 11:24| Comment(2) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前所有者に無慈悲な攻撃を食らわせるしかないですね!笑
あとは、ヤバいキチガイオーナーだと思わせる。笑
Posted by ふぃじお at 2016年07月23日 14:51
交渉決裂から1週間経ちますが、相手側からのコンタクトはありません。
普通は、以前に立ち会って境界を確定して相手側のサインもあるんですから、こちらの主張が通るはずなんですがねえ・・・
Posted by 酔っ払いおやじ at 2016年07月23日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: