2016年12月14日

中国人でも現金客でもなかった・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

先日ワンルームマンションを売却しております。
最初は買主は中国人であると思っていたのですが、日本人でした。
ローン特約とかもなかったので現金客かと思っていました。

しかし、司法書士から送られてきた、所有権登記の受付票をよくよく見たら、衝撃の一言が・・・
そこには「司法書士某が、後ほど設定する抵当権とこの取引は一体である」と。

抵当権打ったってことはローンを組んだってことでしょうね。

ということは、超低利回りの中古区分マンションをローンを組んで買うという、最初からキャッシュフローマイナス確定の投資をされたということです。なんだか非常に申し訳ない気持ちになってまいりました。

まあ、すべてはこういう投資をすすめる買取転売業者が悪いんですがね。
posted by 酔っ払いおやじ at 14:42| Comment(2) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっそ、買い主に真実を教えてその業者と争わせる、とか。笑
Posted by ふぃじお at 2016年12月15日 00:56
業者の養分を助けても仕方ないです。
ただ、唯一気になるのはこの人の買値がいくらだったのかなってことですね。
Posted by 酔っ払いおやじ at 2016年12月16日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: